BLOG

山梨県甲府市にあるパンケーキと鉄道模型(Nゲージのレンタルレイアウト)と鉄道書籍の店にようこそ。

こちらはブログになりますので上のボタンから項目を選択してください。

インスタグラムやフェイスブックなども公開しておりますのでそちらもよろしくお願いします。

皆様、あけましておめでとうございます。

昨年はお世話になりましたが、今年もパンケーキコンテナ・甲府モデルをよろしくお願いいたします。


さて、先日発売しました1/80の63・72系のペーパーキットですが、商品案内のところだけですと書ききれなかったり、写真を多く貼れなかったのこちらに掲示したいと思います。




また今後、戦後製の車や全金、低屋根、改造車など展開していく予定です。


みなさまよろしくお願いいたします。

皆様お世話になります。

パンケーキコンテナの村松です。


今年もあと少しのところまで来ましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

お店と私は、体の不調もレーザーの不調もよくなり、皆様にはご迷惑おかけしましたがただいま通常営業中です。


さて本題ですが、よくお客様から有蓋車などのうまい曲げ方がわからないとお声を頂きますので、今更ながら私がやっている方法をご紹介したいと思います。


ただし、製作にはこれが正しいなどのことはないので今回ご紹介する方法は参考までに、皆様各自研究、工夫していただいてやりやすい方法、きれいにできる方法を見つけていただけると幸いです。



最初に比較的やりやすい屋根板単独で紹介いたします。


まず、ペンなどの適当な丸棒を使用します。

私が使用しているのは直径11mmのレタリング用ペンらしきものです。


丸棒が用意できましたら、下の写真のように丸棒に対して屋根板など曲げるものを斜めにして構えます。




次に下の写真のように屋根板などを斜めにした状態で丸棒に巻き付けます。




できますと下の写真のようになります。



次に下の写真のように先ほど巻いた角と対称の角側で同じように斜めに丸棒に巻きます。



こうしてそれぞれの角で巻き終わったら、下の写真のように丸棒と平行に屋根板などを巻き、端などを整えます。



これで完了となります。




側面と一体のパーツの場合


作業内容は屋根板など単独のものと一緒です。



なお、側面と一緒の場合、先に側面を90度曲げて起こしておいたほうがそのあとの作業が楽です。



簡単な説明で申し訳ございませんがこのような方法で私は製作しております。


皆様のお求めをお待ちしております。

皆様お世話になります。

パンケーキコンテナの村松です。


すっかりご無沙汰しており、寒くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。


また、先日のmodel train festa、貨物鉄道博物館でのイベントの際は多くの方に来ていただきありがとうございました。



さて、今回のブログのメインですがツイッターをご覧の方はご存知だと思いますが、レーザーカッターが不調であります。


なので、中期経営計画として「ビジョン2020」の計画のもとまず、新しい高性能レーザー加工機を導入いたします。

これにより加工時間の大幅な短縮が期待でき、今以上の増産が可能になると思います。


それにより、小売店様にての販売も計画しております。


しかし、新規レーザーの設置場所が現在の客席部分になるため、客席の減少や、小学生以下の方、鉄道趣味の方以外のご入店を制限する予定です。


また、レーザー以外では、軸受けなどの一部パーツを3Dプリント化し、製作、走行性能の改善を図る予定です。


以上が大まかな今後の流れになり、ただいま営業や打ち合わせが多く、臨時休業がおおくなっている次第です。


皆様にはご迷惑をおかけしますが今後ともパンケーキコンテナ及び甲府モデルをよろしくお願いいたします。


皆なさまお世話になります。

パンケーキコンテナ、店長の村松です。


このところ異常に暑く当店も冷房が効きにくい状況に陥ってますが皆様いかがお過ごしでしょうか。


さて、先月のお話になってしまいますが、ついに当店のペーパーキットが1000両出荷を達成いたしまいた。

これも皆様のおかけで種類を増やすことができ、継続できた次第でして、本当感謝しております。

また、JNMA、JAM(レールマーケット)も多くのお客様にご購入していただき、ありがとうございました。


ところで、先にTwitterではご連絡させていただきましたが、9月1日より当店で商品の発送に使用しているクリックポストが値上げとなります。

なので、9月からご迷惑をおかけしますが送料別とさせて頂きます。


その代わりと言ってはなんですが、9月から同一車両を5両お求めの方にはもう1両、同一車両をお付けします。

(袋を一つにまとめさせていただく場合がございます。)

また、商品も増えてきたのでセットメニューも製作していきたいと思います。


これからも、新しい製品が増えていきますのでよろしくお願い致します。


ここ最近、皆様のおかげでペーパーキットが30種類近くのなり、どう編成を組んだらいいのかと言うお話を多くもらうようになりました。


なので、ここで一つ私もやっている編成方法をお書きします。


あくまでも、私個人がやっている方法なので間違いなどもあるかもしれませんが、一つのご参考程度に。



まず最初に貨車の編成で最初に言える事は何でもありということです。

何線で何を何両つなげてもあながち間違えではないということです。

ただし例外として特殊な荷物専用の貨車は運用が決まっているのでそれらの貨車には注意してください。


以上が貨車の編成のしたかです。





しかし、もう少しリアルに編成を作りたい方にもう少しお話を。


先ほど何線で何を何両つないでもと書きましたが、本当はそうではありません。


と言うのもそれぞれの線区で牽引重量や有効長が決まっているので制限が発生します。


また、貨車が現存していた時期を合わせるのもポイントです。


その中で私は重量と年代に絞って編成を組んでおります。


例えば東海道では最大牽引重量が1200tになっているため、貨車のそれぞれの重量・積載重量を調べ、編成の重量が1200t以下になるようにして組んでいます。


例として東海道の昭和19年頃のトキ900の石炭列車は

トキ900 自重10.7t

      荷重30t

      合計40.7tになり、

1200t÷40.7tで29.28・・・ つまり29両でいい訳になります。


本来は換算両数で導くらしいのですがイマイチわからないのでこの方法で導いております。


また所有している東海道の1200t貨物は同じく重量を計算し、設定が昭和29年なので29年に現存していた貨車のみで整えました。


このようなかたちで、貨車の編成に必要なのは重量と年代になります。


貨車の重量年代は主要な車種をまとめたものを貼っておきますのでご参考に。


ちなみに線区の重量は年代よっても違うのでお調べください。


本当はそれぞれの貨車について詳しく知っていた方が面白いでしょうが、あくまでも模型なので適当に自由に楽しみましょう。

間違えていても、よっぽどの人が見ない限り間違えには気づかないはずですから。


では皆様で楽しい貨車ライフを!


お世話になります。

店長の村松です。

本題ですが、この度レンタルレイアウトを5月26日まで一部改装することになりました。

改装する路線ですが、地方鉄道線と高架線になります。

なので、貨物線と旅客線は通常通り営業しております。

工事内容は、地方鉄道線の中間にある駅を初狩や姥捨のようなスイッチバックにし、併せて駅の有効線長を10両ぐらいにします。

10両化により高架線運転台側に新たに地方鉄道線の駅を作ります。

そのため高架線の駅が運転台側に移動となり、高架線の駅入り口のカーブが緩やかな線形にかわります。

また、設計ミスであった高架線駅のホーム長を延長して新幹線16両対応にします。

他、高架線駅移動のため軌道区間は廃止とし、ガード下などの軌道区間を利用して地方鉄道線もエンドレスかします。

しばらくご迷惑おかけしますが、上記のような内容なので皆様よろしくお願いいたします。


あけましておめでとうございます。

パンケーキコンテナ(甲府モデル)の村松です。

年を明けたらすぐに書こうと思っていたのですが、なんだかんだですっかり遅くなってしまい申し訳ありません。

今更ながら、本年もパンケーキコンテナ(甲府モデル)をよろしくお願いいたします。

さて、近状と言いますか、今年に入ってからの状況なのですが、まずご存知の方もいるとは思いますが、当店製のペーパーキットシリーズを「甲府モデル」と命名することにいたしました。

おかげさまでペーパーキットを本格的に発売した1月16日から現在まで、約300両を販売することができました。

ご購入いただいた皆様には本当に感謝しております。

また、模型工房たぶれっと様からお声掛けをいただき、委託出品ではありましたが東京日本橋で行われた「MODEL TRAIN FESTA」にも出させていただくことができました。

お店も今年に入ってから、2月に産経新聞様、3月に山梨日日新聞様に取り上げて頂き、掲載以降は多くの方に来ていただけて嬉しいながら連日忙しくなっております。

また、今月発売のイカロス出版社様の「N.」にも予定ではありますが、メーカーとして記事を載せていただくことになりました。

大分要約した形になってしましましたが、このように多くの方にご来店、ご購入、応援をして頂けて非常に感謝しております。

これからも、食べて、運転して楽しめる喫茶店とペーパーキットメーカーとして頑張っていきますのでよろしくお願いいたします。

追伸 そのうち発売予定です。

当製品をお買い上げいただき誠にありがとうございます。

また、まだお買い上げではない方も、ご購入予定の方も参考にしていただけたら幸いです。

製作に必要な道具などについて。

・ノリ又は接着剤

 当店では面の接着をスプレーノリ。細部の接着で木工用ボンドを使っております。

 また、樋、ヘッタ、シルはテープノリを使いました。

・カッターなどの切れるもの

・手を拭くもの

 レーザーカットしているため切断面に煤がついており、結構汚れます。

 なのでこまめに手を拭きながら作業を行うときれいに仕上がります。

製作

まず、側面から作っていきます。

最初に部品の向きを確認します。

側面の使用する部品は上の写真のようになります。

確認が終わりましたら3の部品2枚と4を貼り合わせます。

3,4が終わりましたら2に接着します。

これをA面、B面とも作ります。

次に1に製作した部品を接着していきます。

この際、筋に合わせ、表から窓枠の位置を確認して接着します。

接着し終わるとこのようになります。

次に扉の製作をします。

扉はまず、6と7を貼り合わせます。

この際、7は上合わせにして、下がすくようにしてください。

次に5を先ほどの製作したものに接着します。

完成すると上の写真のようになります。

これを2セット作り、あと2セットは先ほどのものと反対向き作ります。

全ての扉が完成すると上の写真のようになります。

マロネの場合は1セットずつ作ります。

次にこの扉を本体に接着していきます。

扉は上合わせで固定します。

接着すると上の写真のようになります。

扉の接着が乾くまで次に使う8,9、10の準備をします。

8,9,10はそれぞれ2枚ずつ貼り合わせます。

完成すると上の写真のようになります。

次に本体を仕上げていきます。

まず本体を折り曲げます。

上の写真のように両端を折り曲げクセを付けてください。

その際、扉上の部分は折り曲げにくいので気を付けてください。

曲げ癖をつけると上の写真のようになります。

次に先ほど組み立てた10を取り付けていきます。

まず上の写真のように個室と開放室の間につけますが、こちらは省略してもかまいせん。

次に両端に取り付けます。

両端は扉の後ろにつけてください。

これができましたら、8,9を取り付けます。

8は下の写真のように扉上に取り付けます。

9は扉したに接着します。

次に妻面の製作にとりかかります。

まず11に折癖をつけます。

この際、定規などで押さえて曲げると、きれいにまがります。

曲げ終わると上の写真のようになります。

これを妻面に接着します。

最後に樋、ヘッタ、シルをとりつけます。

当店では樋、ヘッタ、シル前にテープノリを貼り付けから切り取って貼り付けています。

この際、定規などで歪まないようにするときれいです。

それぞれが取付終わると車体は完成です。

床板は床と12の部品を接着します。

接着の際は床にある筋にあわせて取りつけてください。

完成するとこのようになります。

車体と組み合わせるとこのようになります。

このあと、車体は塗装後、別でお買い求めいただいた窓セルや、幌などをとりつけてください。

床も床下機器などを取り付けて塗装していただいて、車体と組み合わせてください。

以上でマイネ40(マロネ40)の作り方となります。

ご不明な点や、改善点などございましたら、メールにて受付させていただきます。

電話ですとすぐにお答えできないこともあるのでよろしくおねがいします。


パンケーキ コンテナオリジナルのNゲージサイズのペーパーキット トキ900をお買い上げいただき誠にありがとうございます。

付属の説明書では書ききれなかった製作方法を写真付きで詳しくお伝えします。

a、軸受けの作り方

軸受けは三つのパーツに分かれています。

まず、厚紙の軸受けと筋が掘ってある表面を接着します。

次に変なかたちのパーツを表面の筋にあわせて接着します。

接着するとこのようになります。

こちらも省略しても構いません。

また、中間の車軸にはダミー車輪を取り付けます。

ダミー車輪の取付はダミー車輪の穴を軸受けの穴と合わせて接着すると位置が合わせやすいです。

表からはこうなります。

ダミー車輪の取付は車体塗装後にダミー車輪だけ別の色に塗ってから取り付けても構いません。

このようにダミー車輪付きを2枚と通常の軸受けを4枚作ります。

b、カプラーの取付

カプラーポケットはアーノルドとKATOカプラーに対応したものをセットしております。

今回の説明ではアーノルドを使用します。

KATOカプラーでもやりかたは変わりません。

まずカプラーポケットを谷折りにします。

凹んでいるところにカプラーを挟んで床板の穴に差し込み接着します。

この際、カプラーポケットの後ろは、アーノルドでは手前側、KATOカプラーでは後ろ側にさしこみます。

KATOカプラー用のカプラーポケットは高さを調整できるように長めになっております。

お持ちの他の車輌で高さを測って切って調整してください。

前後のカプラーを接着してカプラーは、完成です。

c、軸受けの取付

先ほど製作した軸受けを床板にはめて、接着していきます。

軸受けが浮かないようにしっかり奥まで差し込んでください。

以上でキットの製作は終わりになります。

全ての接着剤が乾燥したあと、塗装します。

塗装後に車輪を入れて完成となります。

車輪の転がりが悪い際は、軸受けを左右に広げるなど調整を行ってください。

また、車両自体が軽いので走行させる際は、荷物を積んだり、中間の軸受けの間に重しをつけたりすることをお勧めします。

ほか、ご不明な点や改善要望などございましたら、メールにて承ります。

電話ですとすぐに答えられない場合がございますのでよろしくお願いいたします。


パンケーキ コンテナオリジナルのNゲージサイズのペーパーキット トキ900をお買い上げいただき誠にありがとうございます。

付属の説明書では書ききれなかった製作方法を写真付きで詳しくお伝えします。

a、側板

まず側板の製作に取り掛かります。

トキ900の側板は三枚で構成されており、まず写真で一番下の外側と二段目の中板を接着します。

この際、中板の縦線があるほうを裏にします。

外板と中板を接着するとこのようになります。

次に内板を接着します。

内板は上面を合わせていただき、中板にある縦線を目印に上の写真のように三方向に余白ができるように接着します。

続いて、外板に枠を取り付けます。

枠は下側の長い部分を外板の下に合わせていただき、外板にある枠の線におおよそ合わせて接着します。

難しい場合やめんどくさいときは省略しても構いません。

完成すると上の写真のようになります。

b、妻板

妻板は外板、内板の二枚で出来ています。

穴の開いたほうが外板になります。

この二枚を筋が掘ってない側で接着します。

c、床板

床板は七枚で構成されております。

まず、穴の開いた5枚を接着します。

順番は、凸型の穴が開いたものを2枚が一番下になり、続いて一回り大きい凸型の穴あきを穴に合わせて接着し、一番上に長方形の穴が開いたものを2枚接着します。

この際、長方形の穴あきは、一回り大きい凸型の穴あきのガイド線に合わせると下の写真のように簡単に位置がでます。

5枚を組み合わせると上の写真のようになります。

写真の向きが裏側になりますのでこの反対側に仕上げの板を接着していきます。

仕上げの板は無地の物と板目の物があります。

順番は長方形の穴あきに無地の物を接着します。

次に無地の上に板目の物を接着します。

これで床板は完成です。

d、車体組み上げ

完成した側板、妻板、床板を組み上げ車体を完成させます。

まず、一つの側板を床板に接着します。

この際、側板の内板と床板の位置が合うようにします。

また、一回り大きい床板に乗せて接着するようにしてください。

次に、一つの妻板を接着します。

妻板も床板に乗せて接着します。
この時側板が妻板よりはみ出るようにしてください。

二方向ができたら残り二方向も同じように組み立てていきます。

車体全体

車体裏側

最後に妻板のリブをつけます。

トンガっている方を上にして、妻板の穴とリブの突起を合わせて接着します。

非常に細かなパーツなので省略しても構いません。

これで車体は完成です。



お世話になっております。

店長の村松です。

山梨は大分寒くなってきて、当店の暖房はフル稼働中です。

さて、そんな寒いからだを暖める新メニューが登場します。

それがこちらのベトナム式コーヒーです。

練乳を入れたグラスにベトナム式の器具でゆっくり淹れる、甘くて濃い独特のコーヒーです。

多少抽出に時間がかかりますが、一度飲んだらやみつきになるとおもいます。

また、新しくナポリタンとハヤシライスが登場します。

ナポリタンは100g・200g・300gからお選びいただけ、どの量でも700円です。

ハヤシライスはライスかパンを選んでいただくことができます。

大盛はプラス100円です。

どちらもその場で調理して提供させていただきます。

あと、コーヒーなどの牛乳以外のお飲み物のテイクアウトもはじめました。

レンタルレイアウトも全線つながり、あとは運転台周りの整備と試運転が済めば、製作途中の背景もありますが、お貸しできそうです。

レンタルレイアウトのをお待ちのお客様には大変申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。

それでは今回はこのようなご案内になります。


お世話になります。

店長の村松です。


気づけばもう12月目前になってしまいましたね。

大分寒くなってきた今日この頃、エアコンやストーブなどで店内を温めていますが、来ていただいたお客様が寒い思いをしていなか心配です。



さて、そんな中、ついに当店初のオリジナル商品を販売することになりました。



第1弾は運輸通信省・国鉄のトキ900を製品化しました。


製品はレーザー切り抜き済みのペーパー未塗装キットで、各パーツを張り合わせて組み立てていただくことにより紙らしからぬ強度を確保し、貨車なので沢山そろえて頂けるよう、価格は抑えたつもりです。


また、紙製なので、末期の側板が紛失した姿も側板の一部を切っていただくことにより簡単に再現できます。


ただ、車輪とカプラーは紙というわけにはいかないので、お客様ここで調達していただくものになっており、カプラーポケットはアーノルドかKATOカプラー対応のものをつけておりますが、設計上簡易的なものになってしまったので、お気になされる方は別でご用意していただくかたちになります。


それでも、当店の試験では幸いなことに今のところ問題は起きておりません。



当製品をご購入できるところですが、今回普段お世話になっております、新横浜のプラスポート様にて販売していただけることになっております。

また、当店店頭や、ホームページでも販売しておりますのでよろしくお願いいたします。



私自身初の販売なので、説明不足や製作の問題などご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、改善していきますのでその際はご連絡いただけると幸いです。

また、ご覧いただいてる販売店様で、もしご御興味がございましたら詳細をお伝え致しますのでご連絡ください。



この商品販売に合わせ、ホームページもリニューアルし、商品案内と通信販売のページもつくりました。

それに合わせ、各ページもリニューアルし、レイアウトの詳細や、お店の紹介に開店いたるまでの経緯や思い、店内の写真も追加いたしましたので是非ご覧ください。



最後になりますが、もう少しでレンタルレイアウトを部分的ながらお貸しできそうです。

先行で在来線と貨物線それぞれ2線を営業させようと思っております。

すでに、ポイントなどの配線は完了しており、路線自体は使える状態になっているので、ただいま試運転をしながら、細部の調整と先行区間の風景製作をしております。

また、試運転してくださる方も募集しようと考えています。

決まり次第、またご連絡いたします。



それでは、これからますます寒くなっていくと思いますが、当店では温かいお飲み物でお客様のご来店をお待ちしております。




山梨県甲府市住吉4-13-25

南甲府駅から徒歩10分

TEL 055-244-7403

E-mail pancake.container@gmail.com

珈琲と鉄道模型の店 モデル パンケーキ コンテナ