トキ900の作り方 車体編

パンケーキ コンテナオリジナルのNゲージサイズのペーパーキット トキ900をお買い上げいただき誠にありがとうございます。

付属の説明書では書ききれなかった製作方法を写真付きで詳しくお伝えします。

a、側板

まず側板の製作に取り掛かります。

トキ900の側板は三枚で構成されており、まず写真で一番下の外側と二段目の中板を接着します。

この際、中板の縦線があるほうを裏にします。

外板と中板を接着するとこのようになります。

次に内板を接着します。

内板は上面を合わせていただき、中板にある縦線を目印に上の写真のように三方向に余白ができるように接着します。

続いて、外板に枠を取り付けます。

枠は下側の長い部分を外板の下に合わせていただき、外板にある枠の線におおよそ合わせて接着します。

難しい場合やめんどくさいときは省略しても構いません。

完成すると上の写真のようになります。

b、妻板

妻板は外板、内板の二枚で出来ています。

穴の開いたほうが外板になります。

この二枚を筋が掘ってない側で接着します。

c、床板

床板は七枚で構成されております。

まず、穴の開いた5枚を接着します。

順番は、凸型の穴が開いたものを2枚が一番下になり、続いて一回り大きい凸型の穴あきを穴に合わせて接着し、一番上に長方形の穴が開いたものを2枚接着します。

この際、長方形の穴あきは、一回り大きい凸型の穴あきのガイド線に合わせると下の写真のように簡単に位置がでます。

5枚を組み合わせると上の写真のようになります。

写真の向きが裏側になりますのでこの反対側に仕上げの板を接着していきます。

仕上げの板は無地の物と板目の物があります。

順番は長方形の穴あきに無地の物を接着します。

次に無地の上に板目の物を接着します。

これで床板は完成です。

d、車体組み上げ

完成した側板、妻板、床板を組み上げ車体を完成させます。

まず、一つの側板を床板に接着します。

この際、側板の内板と床板の位置が合うようにします。

また、一回り大きい床板に乗せて接着するようにしてください。

次に、一つの妻板を接着します。

妻板も床板に乗せて接着します。
この時側板が妻板よりはみ出るようにしてください。

二方向ができたら残り二方向も同じように組み立てていきます。

車体全体

車体裏側

最後に妻板のリブをつけます。

トンガっている方を上にして、妻板の穴とリブの突起を合わせて接着します。

非常に細かなパーツなので省略しても構いません。

これで車体は完成です。



珈琲と鉄道模型の店 パンケーキコンテナ(甲府モデル)

営業時間 平日 11時頃~18時頃(ノリ次第で)   土・日・祝 11時頃~20時頃 月曜日定休(不定休) 山梨県甲府市にある珈琲とペーパーキット・Nゲージのレンタルレイアウトなどの鉄道模型のお店です。 貨車などのオリジナルペーパーキットも大好評発売中。 各種内容は上のページをご覧ください。