トキ900の作り方 下廻り編

パンケーキ コンテナオリジナルのNゲージサイズのペーパーキット トキ900をお買い上げいただき誠にありがとうございます。

付属の説明書では書ききれなかった製作方法を写真付きで詳しくお伝えします。

a、軸受けの作り方

軸受けは三つのパーツに分かれています。

まず、厚紙の軸受けと筋が掘ってある表面を接着します。

次に変なかたちのパーツを表面の筋にあわせて接着します。

接着するとこのようになります。

こちらも省略しても構いません。

また、中間の車軸にはダミー車輪を取り付けます。

ダミー車輪の取付はダミー車輪の穴を軸受けの穴と合わせて接着すると位置が合わせやすいです。

表からはこうなります。

ダミー車輪の取付は車体塗装後にダミー車輪だけ別の色に塗ってから取り付けても構いません。

このようにダミー車輪付きを2枚と通常の軸受けを4枚作ります。

b、カプラーの取付

カプラーポケットはアーノルドとKATOカプラーに対応したものをセットしております。

今回の説明ではアーノルドを使用します。

KATOカプラーでもやりかたは変わりません。

まずカプラーポケットを谷折りにします。

凹んでいるところにカプラーを挟んで床板の穴に差し込み接着します。

この際、カプラーポケットの後ろは、アーノルドでは手前側、KATOカプラーでは後ろ側にさしこみます。

KATOカプラー用のカプラーポケットは高さを調整できるように長めになっております。

お持ちの他の車輌で高さを測って切って調整してください。

前後のカプラーを接着してカプラーは、完成です。

c、軸受けの取付

先ほど製作した軸受けを床板にはめて、接着していきます。

軸受けが浮かないようにしっかり奥まで差し込んでください。

以上でキットの製作は終わりになります。

全ての接着剤が乾燥したあと、塗装します。

塗装後に車輪を入れて完成となります。

車輪の転がりが悪い際は、軸受けを左右に広げるなど調整を行ってください。

また、車両自体が軽いので走行させる際は、荷物を積んだり、中間の軸受けの間に重しをつけたりすることをお勧めします。

ほか、ご不明な点や改善要望などございましたら、メールにて承ります。

電話ですとすぐに答えられない場合がございますのでよろしくお願いいたします。


鉄道喫茶 パンケーキコンテナ         (甲府モデル)

営業時間 平日 11:00~21:00(早じまいあり)   土・日・祝 11:00~20:00 月曜日定休(不定休) 山梨県甲府市にあるパンケーキとNゲージのレンタルレイアウトと鉄道書籍の喫茶店です。 ご飲食のみのお客様も大歓迎です。 鉄道が好きな方やそうでない方もいらしてみてください。 貨車などのオリジナルペーパーキットも大好評発売中。 各種内容は上のページをご覧ください。