マイネ40(マロネ40)の作り方

当製品をお買い上げいただき誠にありがとうございます。

また、まだお買い上げではない方も、ご購入予定の方も参考にしていただけたら幸いです。

製作に必要な道具などについて。

・ノリ又は接着剤

 当店では面の接着をスプレーノリ。細部の接着で木工用ボンドを使っております。

 また、樋、ヘッタ、シルはテープノリを使いました。

・カッターなどの切れるもの

・手を拭くもの

 レーザーカットしているため切断面に煤がついており、結構汚れます。

 なのでこまめに手を拭きながら作業を行うときれいに仕上がります。

製作

まず、側面から作っていきます。

最初に部品の向きを確認します。

側面の使用する部品は上の写真のようになります。

確認が終わりましたら3の部品2枚と4を貼り合わせます。

3,4が終わりましたら2に接着します。

これをA面、B面とも作ります。

次に1に製作した部品を接着していきます。

この際、筋に合わせ、表から窓枠の位置を確認して接着します。

接着し終わるとこのようになります。

次に扉の製作をします。

扉はまず、6と7を貼り合わせます。

この際、7は上合わせにして、下がすくようにしてください。

次に5を先ほどの製作したものに接着します。

完成すると上の写真のようになります。

これを2セット作り、あと2セットは先ほどのものと反対向き作ります。

全ての扉が完成すると上の写真のようになります。

マロネの場合は1セットずつ作ります。

次にこの扉を本体に接着していきます。

扉は上合わせで固定します。

接着すると上の写真のようになります。

扉の接着が乾くまで次に使う8,9、10の準備をします。

8,9,10はそれぞれ2枚ずつ貼り合わせます。

完成すると上の写真のようになります。

次に本体を仕上げていきます。

まず本体を折り曲げます。

上の写真のように両端を折り曲げクセを付けてください。

その際、扉上の部分は折り曲げにくいので気を付けてください。

曲げ癖をつけると上の写真のようになります。

次に先ほど組み立てた10を取り付けていきます。

まず上の写真のように個室と開放室の間につけますが、こちらは省略してもかまいせん。

次に両端に取り付けます。

両端は扉の後ろにつけてください。

これができましたら、8,9を取り付けます。

8は下の写真のように扉上に取り付けます。

9は扉したに接着します。

次に妻面の製作にとりかかります。

まず11に折癖をつけます。

この際、定規などで押さえて曲げると、きれいにまがります。

曲げ終わると上の写真のようになります。

これを妻面に接着します。

最後に樋、ヘッタ、シルをとりつけます。

当店では樋、ヘッタ、シル前にテープノリを貼り付けから切り取って貼り付けています。

この際、定規などで歪まないようにするときれいです。

それぞれが取付終わると車体は完成です。

床板は床と12の部品を接着します。

接着の際は床にある筋にあわせて取りつけてください。

完成するとこのようになります。

車体と組み合わせるとこのようになります。

このあと、車体は塗装後、別でお買い求めいただいた窓セルや、幌などをとりつけてください。

床も床下機器などを取り付けて塗装していただいて、車体と組み合わせてください。

以上でマイネ40(マロネ40)の作り方となります。

ご不明な点や、改善点などございましたら、メールにて受付させていただきます。

電話ですとすぐにお答えできないこともあるのでよろしくおねがいします。


鉄道喫茶 パンケーキコンテナ         (甲府モデル)

営業時間 平日 11:00~18:00 19:00~21:00   土・日・祝 11:00~20:00 月曜日定休(不定休) 山梨県甲府市にあるパンケーキとNゲージのレンタルレイアウトと鉄道書籍の喫茶店です。 ご飲食のみのお客様も大歓迎です。 鉄道が好きな方やそうでない方もいらしてみてください。 貨車などのオリジナルペーパーキットも大好評発売中。 各種内容は上のページをご覧ください。